ホーム > 西田ハウス社長ブログ 陽当良好ハウス > 未分類 > 原状回復工事

  • 原状回復工事
  • 2013年03月15日

なんとなく春らしい日が増えてきました。この季節になると花粉症で大変な思いをして

いる方も多いのではないでしょうか。先日、社内で花粉症と答えたスタッフは従業員数の

約半数にもなりました。花粉が強くなったのか、それとも人間が弱くなったのか、それぞれ

議論はあるようですが、どちらにしてもこの季節は症状の重い人には大変な季節のようです。

 

この季節の業務は原状回復工事が多くなり、一般的には繁忙期となります。これから5月の

連休くらいまでは業務に追われる毎日が続きます。ここ数年で増えたのは原状回復工事に

ひと手間加えた修繕工事です。デザインリフォームはかなり有名になりましたが、そこまでの

変更はなく、壁紙の色を変えてみたり、設備を一品増やしたり、ちょっとした工夫で入居率を

高める方法です。

 

賃貸需要の多い設備品や少しデザインを入れることで、今までの殺風景な部屋から少し彩を付け

入居者にアピールする方法です。特に人気が高い設備品はこの現状回復工事と一緒に工事を

行なえば、コスト的にも安価で取り付けることが出来ます。

 

壁紙も単価で言えば数百円の違いで貼れるわけですから、差額負担でデザインのあるお部屋が

作れます。ちょっとした工夫で差別化できますから、是非ご利用いただければと思います。

 

家賃が下落傾向にあるため、少しでもバリューアップの効果が得れればと思います。

メニュー