遮熱塗料の威力

当社では、建物の長期修繕計画の立案をお手伝いしております。

現状を把握し、数年先の建物の状況を予想し、工事費を見積もり

その時が来るまで、オーナー様には日々積み立てをお願いしております。

長期修繕計画で一番大きな工事面積を占めるのが、塗装工事になります。

屋根や外壁、ベランダなどの共用部分など非常に気を遣うところです。

そこでお勧めしたいのが、こちらの商品です。

 

無題

 

実際に塗ったところの下に手を当てて、塗装面に強力なライトで

熱を加えると。。。熱くない。 本当に手品のようです。

是非是非、こちらの商品のお問合せと長期修繕計画のお問い合わせは

西田ハウスまでよろしくお願いします。

Read More

床下地も色々・・・

『和室を洋間にしたい』とお客様よりご要望をいただき、いつもの調子で根太をころがすか、

置床でいいんでしょと 軽い気持ちで現場調査に行きました。

 

↓普通の和室ですね。

1

 

ただこの日は何となく勘が冴えていました。嫌な予感・・・

 

↓床下地が発泡材。

更には、全く外せません。何かで固定されていました。

2

 

人に聞いたり、ネットで調べたりすると、

断熱性がよく、騒音を軽減する為に、モルタル団子で発泡材を敷き詰める工法というのが判明。

 

全容が掴めたら、さっそく工事です。

まずは、養生。

仕上がっている部屋での工事は気を遣います。

9

 

次に解体。既存の床下地を全部撤去します。

3

 

その後に接着剤を塗布。

4

 

モルタル団子を等間隔に並べます。

5

 

新しい洋間用発泡材を敷き詰めます。

洋間用、和室用があるので要注意。黒いボーダーに釘をとめます。

6

 

ここまで来ると、あとはいつも通りの工事。

ベニヤを捨て貼りします。

7

 

フローリングを張って、押入れもクローゼットに。

8

 

完成。

10

 

ちょっとした床工事でも、工法によっては大工事になります。

勉強になっちゃいました。

 

どんな工事でも承りますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

Read More