ブログ

NISHIDA
BLOG
株式会社西田コーポレーションNISHIDA BLOGホントにパン屋さん?そうなんです。-高級食パン専門店 誰にもあげない-

ホントにパン屋さん?そうなんです。-高級食パン専門店 誰にもあげない-

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホントにパン屋さん?そうなんです。-高級食パン専門店 誰にもあげない-

ホントにパン屋さん?そうなんです。

2020年8月に埼玉県入間市でオープンした高級食パン専門店「誰にもあげない」が、同年11月、本厚木駅南口に登場しました。ピンクの背景に70年代ロッカーを彷彿とさせる男性2人をメインに据えたデザインが目印です。パン屋らしからぬ外観と店名は、一度目にしたら忘れることができません。
お店のコンセプトは、「ロックに夢中になっていて、こんな美味しいパンがあったなんて今まで知らなかった。こんな驚きの食パンをみんなに教えてあげたいけど...やっぱり『誰にもあげない』。

看板

パンを独り占めしているロッカーと、いじけるロッカー。モデルは不明だそうです


新進気鋭のプロデューサー

岸本拓也氏

誰にもあげない」と言い切ってしまうほどのおいしい高級食パンを考案したのは、ベーカリープロデューサー・岸本拓也氏です。
岸本氏は横浜・大倉山にあるパン屋のオーナーを務め、2011年からベーカリーをプロデュースしているのだそうです。

イメージビジュアル

「本当は内緒にしたい美味しさ」のキャッチコピーの通り、その味は本格的。取材時も、店頭にはパンを求める人が多く見られました。



こだわりのメニュー

メニューは、プレーンの「甘美なくちどけ(870円)」とぶどうパン「葡萄のごちそう(1,060円)」の2種類があります。材料は小麦粉・フランス産バター・生クリームで、柔らかくてしっとりとした食感を楽しめます。さらに、華やかな花の香りと優しい甘みが特徴的な「ローズマリー蜂蜜」を使い、他との差別化を図っているのだとか。
※ご心配な方は1歳未満のお子様にお与えになるのはお避けください。

甘美なくちどけ

甘美なくちどけ(870円)。スタッフにも好評で、オリジナルレシピでいただく人もいるとのこと

葡萄のごちそう

葡萄のごちそう(1,060円)。プレーンの食パンにサンマスカットレーズンをたっぷり入れたぶどうパンです。

ジャム

パン以外に、店頭ではジャム(各870円)やラスク(300円)も販売しています。人気のジャムは「皮付きピーナッツクリーム」、「濃厚チョコレートスプレッド」。「オリーブオイル&チーズ」はお酒のお供にも良さそうです。

ラスク

食パンを細切れにして作ったラスク。「いきなり食パンはハードルが高いかも」と心配な人は、まずラスクから試してみてはいかがでしょうか。


おすすめの食べ方

2斤(約25cm)の食パンを一日数回に分けて焼いており、常に焼きたてを提供できるように準備しているのだそうです。
店長の伊藤さんにお薦めの食べ方を聞いたところ、「購入当日から翌日まではそのまま食べて、食パン本来の味を楽しんでください。翌々日以降は2.5~3cm厚に切り、ラップで包んで冷凍保存。食べる時はトースターで表面が小麦色になるまで焼いてください」とのことでした。


販売時は、手指の消毒、スタッフのマスクと手袋着用、金銭授受は手を触れないようにするなどの感染症対策を実施しています。
「パンのバリエーションを増やせたらおもしろそう」と語る伊藤さんの願いは、「たくさんの人にお店のパンを食べてもらうこと」。来店する人は若い方からご年配まで幅広く、「一度に3,4本買っていく人もいるようです」と伊藤さん。おいしいパンに目のない人は一度お試しください。

カウンター

カウンターには手指消毒用のアルコールを設置。奥の棚にはお持ち帰り用の赤い袋が目を引きます。中にはミラーボールもあるのだとか。

持ち帰り袋

持ち帰り用の袋にもこだわり。店舗デザインに合わせた赤いカラーと「ア・ゲ・ナ・イ」の文字がインパクト大です。

看板

商品の料金と販売状況は看板で確認。看板の文字も店舗デザインを踏襲した雰囲気があり、こだわりを感じます。



営業時間

 9:00~20:00
 年中無休
 ※パンがなくなり次第終了となります

HP

 誰にもあげない

住所

 厚木市旭町1-27-5
 TEL=046-258-9602


地図


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加