ブログ

NISHIDA
BLOG
株式会社西田コーポレーションNISHIDA BLOG一年の志(こころざし)は元旦にあり

一年の志(こころざし)は元旦にあり

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一年の志(こころざし)は元旦にあり

   あけましておめでとうございます。
 新しい年、平成三十年が始まりました。
 いつものように母の実家でのんびりとおせち料理などつつきながら、このブログを書いています。
 それにしても思うのは、日本人というのは本当に新しいものが好きなんだなあという感慨です。除夜の鐘で古い年を除き去ったと思うと、新しい年の幸福を願って初詣に出かけ、初日の出を拝もうと山へ海へと繰り出します。お屠蘇を飲んで新年を喜び合い、すべてを振り出しに戻して、気持ちも新たにまた第一歩から歩む決意を固めます。
 われわれも昨年度の創立40周年を無事終えて暦は入れ替わり、次なる節目を目指して身も心もリセット。新しい年を、新しい目標に向かって歩んでいく気持ちを新たにしているところです。

 さて、やってきた新しい年に、われわれはどんな道を選び歩を進めていくべきでしょうか。
 これを一年の計と言いますが、一年の計には一年の志(こころざし)が不可欠です。志あるところに歩むべき指針が見えてくるものです。
 今年の志。それは会社設立以来一貫している思いなのですが、地域の方々のためにもっとお役に立てるように努力したいということです。皆様方の大切な不動産という資産をお預かりしている企業であるという責任を胸に、もっと安心できる方法や、納得できるしくみを構築し、年々厳しくなっていく一方の不動産経営の世界でなんとか皆様方に心から喜んでいただけるように頑張っていきたいと考えています。
 そのためには具体的にどうすればいいのか。われわれは昨年末からディスカッションを積み上げて、今年の年間計画として3つの事業に力を入れることを決めました。

 ひとつは、昨年一部が改正され不動産特定共同事業法に沿った〈ファンドビジネス〉の立ち上げです。
 これは不動産の売買においてこれを円滑に行っていくためのしくみで、みんなで出資し合って不動産を売買または賃貸し、その収益を分配していこうというものです。これによって「売買契約が成立しにくかった物件が売りやすくなる」、「買いたくても高額で手が出せなかった物件を取得できる」などが期待でき、不動産の流動化に大きく貢献できるものと考え、これがひいては地域経済の活性化に一役買えるものと考えています。
 ふたつ目は、当社が代理店として販売を行っている〈居室設置型IoT機器〉。これからの快適で安心な生活をサポートしていくのに欠かせないこのIoT機器を、もっと利用しやすくするための多様なプラン展開の推進です。これは昨年度からスタートしている事業なのですが、このツールの利用を今年はさらに充実拡大させていくつもりです。
 みっつ目は、退室時に発生するオーナー様の修繕費用負担に備えるためのシステム〈原状回復共済〉の推進です。これは、神奈川県の認可をとった新たな共済システムなのですが、賃貸住宅の安定経営を支えるしくみとしてお気軽にご利用いただけるようにご提案を申し上げて、安心の賃貸住宅経営にお力添えをしていきたいと考えています。

 「地域のお役に立ちたい」を志に掲げて、ここまで歩んできたわれわれです。
 新しい年にもう一度リセットし、皆様の立場に立って、この理念実現のために邁進していくつもりです。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加