ブログ

NISHIDA
BLOG

安堵と失望の9月

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安堵と失望の9月

 オリンピックが終わり、パラリンピックと4回目の緊急事態宣言のさなかに9月がやってきました。
 新しい季節がやってきても、何の希望も高揚感もないという状況がもうずっと続いている気がします。新型コロナウイルスの影響がこれほど長引くとは、誰が想像したでしょう。
 毎日発表される感染者の数は驚くべきものですが、いつの間にかそれにも慣れ、ただため息とともに月日が流れていきます。



オリンピックの置き土産

 思えばオリンピックの興奮と感動は、過ぎてしまえば悲しいかな一過性のものだったと言わざるを得ません。
 そうして、オリンピックが終わって残されたのは、感染者のおびただしい数です。
 なかでも神奈川県の感染者数は、人口比で言うと東京を上回るのではないかと思われるほどの爆発的数字です。
 特に夏休みの間に、友人と会って、家族と顔を合わせて感染してしまう人が急増し、当社でも8月には休み明けに発熱した人がとうとう現われてしまいました。
 早速医療機関を受診してもらったところ、やはり陽性の結果が出てしまい、そこから会社としての対応に追われる日々となりました。
 デスクの位置が近いスタッフ全員にPCR検査を受けてもらい、万が一の感染の有無を調べるとともに、自宅待機を行っている患者の状況を頻繁に電話で確認。
 厚労省は、マスクと手洗い、換気の徹底を声高に訴えていますが、これを遵守していたおかげで社内でのクラスターはありませんでした。やはり、この基本的な対策は効果があるのだなと、改めて思い直しました。


無策と失策が目立つ夏

 幸い当社の陽性者は、重症化することもなく10日間の自宅療養を経て、周りにウイルスを感染させる恐れがなくなったところで仕事に復帰しましたが、一方で息苦しいなどの症状がありながら入院することができず、自宅で亡くなってしまう人が出ているのも事実です。
 千葉県では先月に自宅療養していた妊娠8ヵ月の女性がお腹が張るということで救急車を呼んだものの、受け入れ先の産科病院がなく、赤ちゃんが亡くなってしまう事態となってしまいました。
 これはまさに人災という気がしてきます。
 もう2年目を迎えているコロナ禍で、感染力の強いデルタ株がインドから広がりつつあるという状況がわかっていたにもかかわらず、陽性者の出産という事態を想定しての対策を講じていなかったのですから、何ともお粗末な話です。
 それでいながら、政府は「国民の生命と安全を守る」と涼しい顔で言っています。
 これでは、誰も政府を信用しなくなります。



民主主義のデメリット

 そもそも、国民には自粛を延々とお願いしておきながら、なぜかIOCの会長だけは特別扱い。まるでコロナなど関係ないような「おもてなし」に、国民の怒りが蓄積するのはあたり前です。
 それでいて、医療体制は不十分で自宅で苦しんで亡くなる人が出てしまう。…これは当然ながら政府の責任です。振り返れば、デルタ株が出ているとわかっていながら、なぜ国内にやすやすと入れてしまったのか。なのに、まもなく党の総裁選だと言っています。こんな馬鹿げたことがあるでしょうか…ああ、嘆きと失望は尽きません。
 失望と言えば、アメリカのバイデン政権もしかりです。
 米軍が撤退すれば、タリバンの天下となることは明白だったはず。アフガニスタンで即座にテロが発生することも予期できたはずです。それなのに撤退を強行して当地では大変なことになっています。
 民主主義の国の政治が上手くいっていない現実を見せつけられる日々が続いています。民主主義に代わるまったく新しい政治システムというものが、登場しなければならない時期が来ているのかもしれません。



優秀な国民とそうではない政府

 政府はダメですが、そのぶん国民はみな心して暮らしているような気がしています。
 当社では、今回の発熱騒ぎで総務のスタッフが大変よく活躍してくれました。
 迅速に手配し、待機の指示を出し、残ったスタッフにさらなる感染対策を示して、大げさではありますが危機から会社を守ってくれました。
 この場を借りて感謝の言葉を伝えたいと思います。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加