ブログ

NISHIDA
BLOG
株式会社西田コーポレーションNISHIDA BLOG遺産分割協議に10年の期限が設けられました

遺産分割協議に10年の期限が設けられました

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
遺産分割協議に10年の期限が設けられました

これまでは遺産分割に期限が設けられていませんでした。この結果、全国に所有者不明の土地が激増し、将来は北海道の面積に達するのではと言われています。
そこで、原因の1つである遺産分割の未了の場合、今回新民法904条3項が新設され、遺産分割を行う場合、10年を経過すると特別受益(被相続人から贈与を受けた)、寄与分(相続財産の増加に寄与した)の両主張はできず、画一的に相続分で遺産分割されることになりました。この規定は公布後2年以内に施行されます。
また、相続登記も取得を知った日から3年以内に相続登記の申請をすることが義務付けられ、また、所有権の登記名義人に対し住所等の変更日から2年以内に変更登記をすることが義務付けられました。自動車運転免許と同じくらい厳しくなっています。いずれも、所有者不明の土地を無くすためであり、合理的な改正だと思いますので、相続等が起きたら放置せず早めの解決を図る必要があります。




山本弁護士プロフィール

yamamoto_bengoshi.jpg
山本安志法律事務所所長(所属弁護士=3名)

弁護士歴 46年
年齢 71歳
  簡易裁判所調停員
  相続アドバイザー
趣味 風景写真・山登り・マラソン
TEL 045-662-6302
ホームページ http://www.bengoshi-yamamoto.gr.jp/top.html



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加